Home > 野球部紹介 > 特集

野球部紹介

特集

杉浦忠氏を偲ぶ

2001年11月11日、私たちの大先輩である杉浦忠氏が亡くなられました。
ここでは、杉浦氏が立教大学野球部の黄金時代を築きあげた軌跡と、
南海時代のご活躍を振り返ってみようと思います。

また、この場をおかりして、後輩一同、杉浦氏のご冥福を心よりお祈りいたします。

南海時代
1. 主な記録

3年生のとき杉浦氏は、長嶋氏、当時の南海の監督であった鶴岡氏に南海入りを勧められました。そして4年生になったときプロ入りを決意して、南海へ。
杉浦氏はプロ1年目から期待通りの活躍を見せます。以下は杉浦氏の残された、数々の記録です。

年度別成績 (★はタイトル獲得)

登板 勝率 投球回数 奪三振 自責点 防御率
昭和33年 53 27 12 .692 299 215 68 2.05
昭和34年 69 38★ 4 .905★ 371 1/3 336★ 58 1.40★
昭和35年 57 31 11 .738 332 2/3 317★ 76 2.50
昭和36年 53 20 9 .690 241 2/3 190 75 2.79
昭和37年 43 14 15 .483 172 2/3 96 59 3.07
昭和38年 51 14 16 .467 252 2/3 156 74 2.63
昭和39年 56 20 15 .571 270 2/3 162 91 3.92
昭和40年 36 8 1 .889 111 1/3 82 27 2.19
昭和41年 27 2 4 .333 51 39 14 2.47
昭和42年 45 5 5 .500 98 1/3 68 26 2.39
昭和43年 41 5 6 .455 111 53 33 2.68
昭和44年 30 2 7 .222 65 1/3 33 30 4.15
昭和45年 16 1 1 .500 35 2/3 9 11 2.75
生涯成績 577 187 106 .638 2413 1/3 1756 642 2.39
新人王 昭和33年
投手5冠王 昭和34年 最多勝、防御率、奪三振、最多完封、勝率
MVP 昭和34年
連続無失点 昭和34年9月15日~10月20日までの54 2/3回(パ・リーグ記録)
昭和34年8月26日~9月9日までの43回
史上最速での100勝到達

杉浦氏は昭和33年の4月5日にプロ初勝利をあげて以来、1年目27勝、2年目38勝、3年目31勝とプロ入り3年で実に96の勝ち星を積み重ねました。 そして、昭和36年5月6日には通算100勝目をあげました。
プロ1勝目からわずか3年1ヶ月での100勝到達。 この記録は永遠に破られることはないだろうと言われています。

ページトップへ

Facebook

   


Twitter