HOME > 野球部紹介 > ベストナイン > 1954-1958

野球部紹介

ベストナイン

ベストナインに輝いた選手をご紹介いたします。

1954~1958年

受賞時期 氏 名 ポジション
1954(昭29)
秋季リーグ戦
大沢 啓ニ 外野手 この秋、大沢は打撃成績8位の打率.276をあげ、盗塁5つを決める。
立大は4位と低迷するなかで、輝きを見せ、自身初のベストナインに選出された。
1955(昭30)
秋季リーグ戦
長嶋 茂雄 三塁手 長嶋は、打率.343をあげ打撃成績で堂々の3位となり、リーグ最多となる打点12をあげる。
立大2位に大きく貢献した。
大沢 啓ニ 外野手 打撃成績6位の打率.289をマーク。盗塁も5つ決めるなど活躍。
堅実な守備力も評価され、自身2度目となるベストナインを受賞。
1956(昭31)
春季リーグ戦
長嶋 茂雄
三塁手 首位打者 (→記事はこちら)
具志 哲男 二塁手 具志は、犠打6つをきめた中でも、打撃成績5位となる打率.308をマーク。
また、安定した守備をみせ、自身初のベストナインに選出された。
本屋敷 錦吾 遊撃手 打率.274、盗塁5つ、そして高い守備力をみせ、立大2位に大きく貢献。
自身初となるベストナイン受賞となった。
秋季リーグ戦
具志 哲男 二塁手 打率.255で、盗塁4つをあげるとともに、高い守備力をみせたことが高く評価され、2度目のベストナインとなった。
長嶋 茂雄 三塁手 打率こそ.288であるが、シーズン最高の本塁打3本、三塁打3本、二塁打2本、そして盗塁7つをきめる。
また、堅い守備が評価され、3度目となるベストナインを受賞。
竹島 本明 外野手 立大で1位、全体でも6位の打率.306をあげた。勝負強いバッティングをみせた。
1957(昭32)
春季リーグ戦
長嶋 茂雄 三塁手 主力打者としての長嶋はマークされ、打率.225と本領を発揮できなかったが、優れた守備力が高く評価され、自身4度目となるベストナインを受賞した。
杉浦 忠 投手 抜群のコントロールの良さをみせ、防御率0.46という数字をたたき出した。
優勝の立役者の一人となり、初の受賞となった。
高橋 孝夫 二塁手 攻守のバランスが光り、立大優勝に大きく貢献。
自身初となるベストナインに選出された。
本屋敷 錦吾 遊撃手 打率こそ.250だったものの、盗塁4つをあげ、立大優勝の立役者の一人として活躍。自身2度目の受賞となった。
西崎 若三 外野手 打率.333と打撃成績で4位となる。
また、高い守備力で優勝に大きく貢献。
自身初のベストナインに輝いた。
秋季リーグ戦
長嶋 茂雄
三塁手 首位打者 (→記事はこちら)
杉浦 忠 投手 奪三振50、防御率0.76と輝かしい成績を残した。2シーズン連覇となる原動力となり、2度目の受賞となった。
赤池 彰敏 一塁手 赤池は、高い守備力をみせ、2シーズン連続優勝に大きく貢献した。
高橋 孝夫 二塁手 打率.300で打撃成績4位となる。また、高い守備も評価され、自身2度目となるベストナインに選出された。
本屋敷 錦吾 遊撃手 打撃成績7位となる打率.261と、堅い守備力とをもって、2シーズン連続優勝に大きく貢献。自身3度目の受賞となった。
西崎 若三 外野手 攻守ともに活躍し、立大2シーズン連続優勝の立役者となり、自身2度目の受賞となった。
1958(昭33)
春季リーグ戦
片岡 宏雄 捕手 打率は全体で14位の.265であったが、守備では投手陣を巧くリードし、チームの勝利に大きく貢献。
自身初となるベストナインを受賞した。
杉本 公孝 三塁手 打率.270だったものの、堅い守備力で立大優勝に大きく貢献した。
高林 恒夫 外野手 打率.359をあげ、打撃成績3位となる。
また、安定した守備力で立大優勝の立役者となり、自身初のベストナインに選ばれた。
西崎 若三 外野手 打撃成績は10位の打率.294であったが、堅い守備力をみせて、立大優勝に大きく貢献。自身3度目となるベストナインの受賞となった。
秋季リーグ戦
片岡 宏雄 捕手 数々の好リードをみせて投手陣をひっぱるなど、立大優勝の立役者となり、自身2度目となるベストナインを受賞した。
ページトップへ

Facebook

   


Twitter

 

ブログ新着記事



TOKYO BIG6 BASEBALL LEAGUE

  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 法政大学
  • 東京大学
  • 立教大学
  • 東京六大学野球連盟
  • BIG6.TV


RIKKYO

  • 立教大学体育会応援グッズ