HOME > 野球部紹介 > ベストナイン > 1989-2009

野球部紹介

ベストナイン

ベストナインに輝いた選手をご紹介いたします。

1989~2009年

受賞時期 氏 名 ポジション
1989(平元)
春季リーグ戦
山口 高誉 外野手 準備中
黒須 陽一郎 外野手 立大で1位、全体でも3位の打率.382、また、打点14をマークし、自身2度目のベストナインを受賞した。
秋季リーグ戦
平田 国久 投手 全体で3位の防御率1.12で、立大優勝に大きく貢献した。
溝口 智成 一塁手 打率.304をマークするなど、立大優勝の立役者の一人となった。
高林 孝行 二塁手 立大で1位、全体で4位の打率.347、また打点10をマークするなどの活躍が目立った。
田島 弘良 遊撃手 全体で6位の打率.325と、立大優勝の立役者の一人となり、見事自身初のベストナインに選ばれた。
黒須 陽一郎 外野手 黒須は、主将として、そして主砲としてチームをしっかりとまとめあげ、立大優勝に大きく貢献。自身三度目となるベストナインの受賞となった。
1990年(平2)
春季リーグ戦
田島 弘良 遊撃手 全体で2位の打率.388をマークした。
また19安打を放つなどし、勝利に大きく貢献。自身2度目のベストナイン受賞となった。
秋季リーグ戦
山口 高誉 外野手 首位打者 (→記事はこちら)
溝口 智成 一塁手 全体で8位の打率.306をマークし、自身2度目となるベストナインに輝いた。
佐敷 太郎 二塁手 準備中
1992年(平4)
秋季リーグ戦
田代 則雄 一塁手 首位打者 (→記事はこちら)
1993(平5)
秋季リーグ戦
田代 則雄 二塁手 二塁打6本、三塁打3本と長打を数多く放つなどし、立大では1位、全体でも7位の打率.321をマーク。
自身2度目となるベストナインに輝いた。
1994(平6)
秋季リーグ戦
横川 義生 二塁手 横川は、打率.359で打撃成績2位という成績を残し、自身初となるベストナインに選出された。
1996(平8)
春季リーグ戦
横川 義生 二塁手 打率.318で打撃成績は10位であったが、高橋(慶大)に次ぐ3本塁打を放ち、立大を3位へ躍進させ、自身2度目となるベストナインに輝いた。
赤尾 秀幸 外野手 打率.375と立大ではトップ、全体でも5位という成績を出し、立大をAクラス入りへと導いた。
1998(平10)
春季リーグ戦
矢島 崇 投手 防御率1.70、5勝1敗で投手成績3位となった。立大が慶大と同率2位となった立役者となった。
赤尾 秀幸 外野手 打率.353で打撃成績4位という成績を残した。また、主将としても活躍し、2度目となるベストナインに選出された。
1999(平11)
秋季リーグ戦
上野 裕平 投手 防御率1.80と投手成績5位ながら4勝をあげ、エースとして活躍。
立大18シーズンぶり優勝の立役者となった。
石田 拓郎 二塁手 打率.297で打撃成績8位という成績ながら、打点9は全体で2位と、立大優勝に大きく貢献した。
2001(平13)
春季リーグ戦
多田野 数人 投手 多田野は、4勝3敗ながら防御率トップの.091という素晴らしい成績を残した。
松倉 良介 一塁手 打率.325と、立大でトップ、また全体でも6位という成績で、立大Aクラス入りに大きく貢献。見事自身初となるベストナインを受賞した。
和田 隼人 三塁手 打率.273ながら、貴重な場面で本塁打3本を放つなどし、打点10と3位タイの成績を残した。
秋季リーグ戦
多幡 雄一 外野手 打率.325で、立大ではトップ、全体の打撃成績でも5位という成績を残し、自身初となるベストナインに選出された。
2002(平14)
春季リーグ戦
多幡 雄一 外野手 打率.333で、立大で1位、全体でも5位となった。
また、本塁打3本、二塁打5本を放つなどし、2度目となるベストナインに輝いた。
秋季リーグ戦
松倉 良介 一塁手 打率.319で、またシーズン最多の4本塁打を放つ。全体で2位となる打点13という成績を残し、2度目のベストナインを獲得。
多幡 雄一 外野手 このシーズン、多幡は打撃成績2位の.408という成績で、立大をAクラスへと導き、自身3度目となるベストナインを獲得した。
2003(平15)
春季リーグ戦
高橋 泰文 捕手 立大で1位、全体でも5位の打率.400を出し、初のベストナインを獲得した。
2004(平16)
春季リーグ戦
高橋 泰文 捕手 捕手の中では高打率の.275という成績を残した。また、好リードで立大Aクラス入りに大きく貢献し、2度目となるベストナインに選出された。
比嘉 太一 一塁手 シーズン6本の二塁打を放つなど、打撃成績5位の打率.346、2位となる打点12を出した。
2006(平18)
春季リーグ戦
小野寺 優 一塁手 首位打者 (→記事はこちら)
2007(平19)
秋季リーグ戦
東 邦顕 捕手 幾度と適時打を放ち、チャンスに強いバッティングでチームに貢献。攻守に渡る活躍により、自身最後となるリーグ戦で、初のベストナインに輝いた。(→詳細はこちら)
田島 勇輝 一塁手 全試合で安打を放ち、チーム一の打点を誇り、絶対的な得点源としての勝負強い打撃で、チームを牽引。打率.385という輝かしい成績を収め、見事ベストナインに輝いた。(→詳細はこちら)
2009(平21)
秋季リーグ戦
五十嵐 大典 外野手 副将としてチームを引っ張り、慶大2回戦では本塁打を含む3安打3打点の活躍などでチームの勝利に貢献。自身初となるタイトルを手にした。(→詳細はこちら)
ページトップへ

Facebook

   


Twitter

 

ブログ新着記事



TOKYO BIG6 BASEBALL LEAGUE

  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 法政大学
  • 東京大学
  • 立教大学
  • 東京六大学野球連盟
  • BIG6.TV


RIKKYO

  • 立教大学体育会応援グッズ