Home > 野球部紹介 > ベストナイン > 2007 > 東 邦顕

野球部紹介

ベストナイン

ベストナインに輝いた選手をご紹介いたします。

2009年度秋季リーグ戦
五十嵐 大典(4年)東京六大学野球ベストナインを獲得!!




(写真/ベストナイン外野手に輝いた五十嵐)

 
東京六大学野球秋季リーグ戦全日程が終了し、五十嵐大典(4年・外野手)がベストナイン外野手に選ばれました!
立教大学からの外野手部門のベストナイン選出は、2002年秋季リーグ戦以来、約7年振りの快挙となります。 自身初となるタイトルを手にした五十嵐の喜びの声をお届けいたします!

五十嵐 大典(4年・外野手)
13試合出場 52打数16安打 打率.308

高校時代は主将として甲子園に出場しており、大学でも1年春からレギュラーを獲得。今年は副将としてチームを引っ張り、2009年夏には六大学選抜としてハワイ遠征メンバーに選ばれる。
50メートル5.8秒の俊足を生かした守備範囲の広さ、次の塁を積極的に狙う果敢な走塁が持ち味。 チャンスに強く長打も打てる打者で、今季も慶大2回戦では本塁打を含む3安打3打点の活躍などでチームの勝利に貢献。



■五十嵐のインタビュー

〇ベストナインを獲得した、率直な感想をお願いします。
―びっくりしています。今季で引退ですが、最後の最後でベストナインを獲ることが出来て嬉しいです。

○今季のリーグ戦を振り返って、どうでしたか?
―良い試合は多かったのですが、勝ち点に繋げられなくて残念でした。でも、最後は力を出し切ることが出来たので、悔いはないです!

〇ベストナインは意識していましたか?
―全く意識していなかったです。今日も、まさか選ばれるとは思っていなかったです。

○今季、一番印象的だった試合を教えてください。
―対慶應義塾大学3回戦です。4年間で初めて慶應から勝ち点を取ることが出来て、良い試合でした!

○ファンの方へのメッセージをお願いします。
―自分は今季で引退となりますが、4年間、ご声援ありがとうございました。これからも立教大学を応援して下さい!



↓今季の成績
氏名
五十嵐 52 16 1 5 7 2 8 9 1 .308


ページトップへ

Facebook

   


Twitter