Home > 野球部紹介 > History > 制服

野球部紹介

制服紹介

seifuku1 seifuku2

立教大学野球部員が着用している制服を紹介いたします。
立教大学野球部の正装として用いられ、通学時、リーグ戦時、その他に公けの行事の際などに着用しています。
以前は、学生服を着用していましたが、1985年の台湾遠征を機に、ブレザーに変更されました。 これは、外国へ出た際にツメ襟の学生服が好印象を与えないため、 当初は遠征期間中だけ着用する予定で作られましたが、当時の監督横川氏やOB会の意見もあり、 日常からブレザーを着用するようになり、 現在に至っています。

制服は、2パターンあり、4月~5月中旬、9月中旬~3月の期間はブレザーを、 それ以外に夏の暑い時期には、白いポロシャツを着用します。

基本となる制服は、紺色のブレザー、白いワイシャツ、ネクタイにグレーのズボンとなっています。
上着は二つボタンのシングルのブレザーです。
ネクタイは紺色をベースにクリーム色のストライプが入っており、学生らしい爽やかな印象のものとなっています。
左襟には、東京六大学野球部員が付けるバッジを付けます。 このバッジは、毎年、東京六大学野球連盟の当番校によってカラーが変わります。

○エンブレム○

ブレザーの胸ポケットに縫い付けられているエンブレムには、

  • 野球部の創部年度
  • 立教大学の『立』のマーク
  • 『PRO DEO PATRIA』
  • 『BASEBALL』
以上が刺繍されています。

『PRO DEO PATRIA』という言葉は、古くラテン語で『神と国とのために』という意味が込められており、立教大学の建学の精神が表現されています。

<写真/2018年度主務・上野寛太

ページトップへ

Facebook

   


Twitter