Home > 野球部紹介 > 特集

野球部紹介

特集

杉浦忠氏を偲ぶ

2001年11月11日、私たちの大先輩である杉浦忠氏が亡くなられました。
ここでは、杉浦氏が立教大学野球部の黄金時代を築きあげた軌跡と、
南海時代のご活躍を振り返ってみようと思います。

また、この場をおかりして、後輩一同、杉浦氏のご冥福を心よりお祈りいたします。

立大時代
1. リーグ戦全登板試合

杉浦氏は、挙母(現豊田西)高校時代に当時の野球部の砂押監督の目に留まり、本屋敷氏、長嶋氏に次ぐ推薦3番目の選手として入学。 1年春に早々と神宮初マウンドを踏むと、2年時からはエースとして活躍。 8シーズンの間に計65試合に登板しました。その全試合を簡単ではありますが、追ってみました。

昭和29年春季リーグ戦(4位)

 月 日勝敗対戦校スコアコメント
1 4月19日 東大 10 - 4 立ち上がりを狙われ先制点を許すが、味方打線の援護もあり、リーグ戦初登板・初勝利。
2 5月10日 法大 2 - 5 4試合ぶりに先発するも、2回途中でノックアウトされる。
3 5月15日 慶大 5 - 7 3番手として登板。1回を無失点に抑える。
4 5月17日 慶大 3 - 6 連続のリリーフ登板。しかし、チームは慶大に勝ち越せず。

昭和29年秋季リーグ戦(4位)

月 日勝敗対戦校スコアコメント
5 10月2日 東大 12 - 0 4回から、完璧なリリーフで、小島―杉浦の完封リレー。
6 10月3日 東大 5 - 1 6回を被安打1に抑え、秋初勝利。
7 10月10日 慶大 3 - 8 7回途中から登板するも、3失点。
8 10月20日 慶大 3 - 8 3番手として登板。4回戦まで持ち込むも、春秋連続で慶大から勝点を奪えず。
9 10月24日 早大 3 - 0 先発し好投を見せるも、5回途中で降板し、勝利投手になれず。
10 10月31日 明大 3 - 0 被安打4・四死球3で4試合ぶりの白星を初完封勝利で飾る。
11 11月1日 明大 0 - 2 2試合連続で完投するも、味方打線が明大投手に抑えられ、接戦を落とす。
ページトップへ

Facebook

   


Twitter

 

ブログ新着記事



TOKYO BIG6 BASEBALL LEAGUE

  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 法政大学
  • 東京大学
  • 立教大学
  • 東京六大学野球連盟
  • BIG6.TV


RIKKYO

  • 立教大学体育会応援グッズ