Home > 野球部紹介 > History > OB紹介プロ野球

野球部紹介

OB紹介 プロ野球(殿堂入り)

古田 昌幸  ふるた まさゆき (1933年9月30日生、1999年7月30日没)

2010年度殿堂入年、特別表彰  熊本県出身
九州学院高~立教大~熊谷組 日本社会人野球協会理事

■顕彰文

立教大学時代は二塁手として、三塁手・長嶋、遊撃手・本屋敷とともに鉄壁な内野陣で神宮を沸かせた。
1956年熊谷組に入社。勝負強いバッティングと抜群の守備で都市対抗をはじめ社会人野球のさまざまな大会で活躍する。
都市対抗に選手、選手兼任監督として13年連続、16回出場し優勝も3回達成した。
また、国際大会にも選手、監督として数多く出場。特に'57年の第3回世界野球大会では攻守に活躍し、優勝に貢献した。
幾度もプロ球団から誘われたにも関わらず、アマチュア一筋で現役を貫いた。

日本社会人野球協会(現・日本野球連盟)関東地区連盟理事を経て、'85年に日本野球連盟理事・企画渉外委員長、'91年常任理事、'93年都市対抗野球運営委員会委員を歴任。特に都市対抗野球の充実に心血を注ぎ、連盟創立50周年の功労賞、第70回都市対抗野球大会の特別功労賞が贈られた。

<引用:野球体育博物館

ページトップへ

Facebook

   


Twitter