Home > 野球部紹介 > 首位打者

野球部紹介

ベストナイン

ベストナインに輝いた選手をご紹介いたします。

2014年度秋季リーグ戦
大城 滉二(3年)東京六大学野球ベストナインを獲得!!



大城 滉二(3年・遊撃手)



東京六大学野球春季リーグ戦全日程が終了し、大城 滉二がベストナイン遊撃手に選ばれました!

大城は2012年の秋季リーグ戦でもベストナインに選出されており、今回で二度目の受賞となります。

自身二度目のタイトルを手にした大城の喜びの声をお届けいたします!
今季の成績
52 18 .346



大城 滉二(おおしろ こうじ)  興南高出身。175センチ71キロ。
1年春に神宮デビューを果たし、中盤から遊撃手としてレギュラーに定着。同秋には1年生ながら高い野球センスを評価され、ベストナインを獲得。
今季は1番遊撃手として全13試合にフルイニングで出場。正確なバットコントロールでヒットを量産し、1本塁打を含む計18安打でリーグ5位の打率.346をマーク。 更に持ち前の俊足を活かしリーグトップの9盗塁を記録するなど、チームの勝利に大きく貢献し、自身二度目となるベストナインに輝いた。





■大城のインタビュー



〇ベストナインを獲得した感想を教えてください。

― 素直に嬉しく思います。

○今季のリーグ戦を振り返っていかがですか?
― 優勝が目前だっただけに、とても悔しい思いをしたシーズンでした。 一勝の難しさを改めて感じました。それと同時に可能性も感じたシーズンでした。

○リーグトップの9盗塁という自身の結果についてはどう思いますか?
― 積極的に走った結果だと思います。 一番打者としてチャンスメイクしようと走り続けたので、それが良かったと思います。

○二度目の受賞となりましたが、ベストナインを獲ることを意識していましたか?
― 秋のシーズンが始まる前に個人の目標としてベストナインを獲ることを掲げていましたが、その結果は後からついてくると思っていたので、シーズン中は意識しないようにしていました。

○ファンの方へのメッセージをお願いします。
― この一年間本当に応援ありがとうございました。 特に秋のシーズンは優勝目前だったのですが、期待に応えることができず申し訳ない気持ちと悔しい気持ちでいっぱいです。 でも、ファンの皆様の応援は僕たち選手の背中を押してくれていることは確かです。 来年こそは優勝できるように頑張りますので応援よろしくお願いします。




Facebook

   


Twitter