Home > 野球部紹介 > 首位打者

野球部紹介

ベストナイン

ベストナインに輝いた選手をご紹介いたします。

2010年度春季リーグ戦
松本 幸一郎(2年)東京六大学野球ベストナインを獲得!!



【写真/ベストナイン遊撃手に輝いた松本】
 
東京六大学野球春季リーグ戦全日程が終了し、松本幸一郎(2年・内野手)がベストナイン遊撃手に選ばれました!
立教大学からの遊撃手部門のベストナイン選出は、1990年春季リーグ戦以来、約20年振りの快挙となります。 自身初となるタイトルを手にした松本の喜びの声をお届けいたします!



松本 幸一郎(2年・内野手)

11試合出場
46打数16安打 打率.348


1年春からベンチ入りし、法大二回戦で初出場。同秋の東大戦で活躍し、注目選手に。
今季は全11試合に一番打者として出場。絶妙なバットコントロールを武器に、最多安打となる16安打を放つ。
また、堅実な守備で何度もチームを救う。走攻守三拍子揃った、将来が楽しみな新人選手である。



■松本のインタビュー


〇ベストナインを獲得した感想をお願いします。
―今季、ベストナイン獲得を目標としていたので、率直に嬉しいです。

○今季のリーグ戦を振り返って、いかがでしたか?
―早稲田戦と法政戦で連敗してしまったのが、悔やまれます。終わってみて考えてみたら 、どちらかで勝ち点を挙げていたら、確実に優勝争いにくい込んでいたと思います。後半は開き直って、 勝ち点3を挙げることが出来たので、よかったと思います。
個人的には、試合に同級生が多く出場していて、とても楽しかったです!


○最多安打(16安打)を記録しましたが、記録的な成績を残したという実感はありましたか?
― 一番としての責任は果たせたと思います。
がむらしゃらだったので、まさかこんなに打っているとは思いませんでした!


○今季、一番印象的だった試合を教えてください。
―最終回に追い上げられた、明治大学第二回戦です。
あの時は守備についていて、とても緊張しました。しかし、その緊張感を楽しむことができ、 改めて“野球をしている”と実感した試合でもありました。


○ファンの方へのメッセージをお願いします。
―秋季リーグ戦は、今季以上に頑張っていきたいと思いますので、応援のほど、よろしくお願いします!



↓今季の成績
氏名
松 本 46 16 0 1 4 1 5 8 2 .348

Facebook

   


Twitter