Home > 野球部紹介 > 首位打者

野球部紹介

ベストナイン

ベストナインに輝いた選手をご紹介いたします。

平成18年度春季リーグ戦
主将 小野寺 優
首位打者・ベストナイン一塁手の二冠に輝く!!

5月29日に平成18年度春季リーグ戦が閉幕いたしました。
多くのご声援、本当にありがとうございました。
チームの成績は奮わなかったものの、主将・小野寺が首位打者・ベストナイン一塁手に輝きました!!
授賞後の小野寺のインタビューをお届けします!!






(写真/首位打者・ベストナイン一塁手に輝いた小野寺)


■小野寺が首位打者獲得!


小野寺 優(4年・一塁手)

10試合出場 34打数17安打 打率.500


今季、チームを引っ張る主将として大活躍しました。
35打席34打数での17安打と常に結果を残すバッティングで、ヒットを量産。
守備では、周りに声をかけ若い内野陣を引っ張り、安定した守備力で失策なしとチームの攻守の要となりました。
初戦ではスターティングメンバーを外れるものの、その後の試合では大活躍。
対東京大学第一回戦では、3打数3安打でついに打率を5割に押し上げました。
法政大学主将の大引選手と並んで、平成18年度春季リーグ戦首位打者に輝きました。


■小野寺のインタビュー

〇5割と非常に高打率(立教大学では過去最高)での首位打者となりなしたが、どんな気持ちですか?
―嬉しいです。これでチームが勝てば最高だったんですけど・・・。

〇どんなことに心がけて打席に立っていましたか?
―思い切り振っていこうと、それだけです。

○印象に残っている打席はありますか?
―これと言ってはないけれども、最後の打席(対東大第一回戦)では、打率を意識していたので覚えています。
あとは、今季打った初ヒット(対慶應大第二回戦)は覚えていますね。



○首位打者とベストナインの二冠に輝きましたが、どうですか?
―嬉しいです・・・偉大な先輩方と並べたなと。

○守備でもチームを引っ張っていましたが、どんなことに心がけて守備についていましたか?
―なるべく、ピッチャーに「一人じゃないんだぞ」という気持ちで声をかけました。まだまだですけどね。

○リーグ戦振り返ってみてどうでしたか?
―チームが残念な結果だったので・・・夏しっかり練習して、来季は勝ちます。



過去の首位打者

立教大学の歴史の中で、もっとも近年首位打者に輝いたのは、

田代 則雄
1992(平成4)年秋季リーグ戦

12試合出場 42打数19安打 打率.452

です。

小野寺は、田代氏に次いで、立教大学では18人目の首位打者となります。

今回の首位打者は以来、16年振りの快挙!!

主将での受賞となると、

川崎 信一
1946(昭和21)年春季リーグ戦

5試合出場 23打数9安打 打率.391

以来、実に60年振りの快挙!!

さらに、5割という高打率での受賞は、

永利 勇吉
1942(昭和17)年秋季リーグ戦

5試合出場 16打数8安打 打率.500

と並び、立教大学野球部史上、最も高い打率での首位打者となります!!






ページトップへ

Facebook

   


Twitter