HOME > 部員名簿

部員名簿

2017年度 立教大学野球部 幹部紹介

主将: 熊谷 敬宥 (くまがい たかひろ)

2017年度主将を務めさせて頂きます、熊谷敬宥です。
私が入部してから優勝まであと一歩という経験が3度ありました。この経験から改めて勝つという難しさを知ることができ、私自身成長することができました。 これから1年、主将として、そしてチームの柱として引っ張っていき、昨年のように強いチームではありませんが先輩たちに追いつき追い越せるように日々精進して参りたいと思います。 そして最終的に優勝という形で恩返しできるよう、精一杯頑張りますので1年間応援よろしくお願いします。

主務: 井上 浩太 (いのうえ こうた)

2017年度主務を務めさせて頂きます井上浩太と申します。平素より立教大学野球部にご支援・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
1909年に発足された弊部は、今年度で108年目を迎えます。我々は先輩方が築き上げてきた107年という歴史を重んじ、立教大学体育会、そして学生野球界のリーダーチームとなるべく日々活動しております。
マネージャーとして、この輝かしい伝統を更に良いものとして後世に引き継いでいけるよう、私自身、他の模範となる生活をし、断固たる決意を持ってチーム全体の底上げをして参ります。 東京六大学野球リーグ戦の春秋連覇、更には大学日本一を目指し、尽力して参ります。今年度も立教大学野球部を何卒宜しくお願い申し上げます。

副将: 江波戸 龍星 (えばと りゅうせい)

本年度副将を務めさせていただきます、江波戸龍星です。いつも立教大学野球部を応援して下さり、ありがとうございます。
私は入部して以来、あと1勝という局面で優勝を逃すシーズンを2度も目の当たりにしてきました。 そして今年こそは、一度も味わったことのないリーグ戦優勝を達成すべく、副将として、1人の選手としてチームを引っ張っていきたいと思っています。 本年度のチームは、昨年度のチームに比べて個々の強さは劣ってしまいますが、その分、昨年度以上に一体感を大切にし、全員野球でリーグ戦を戦い抜いていきたいと思っています。 本年度も立教大学野球部へのご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

副将: 藤田 凌司 (ふじた りょうじ)

2017年度副将を務めさせていただきます藤田凌司です。
平素より立教大学硬式野球部の応援をしてくださり、誠にありがとうございます。 現在立教大学は17年間優勝から遠ざかっており、私が在籍した3年間であと1勝をものにできず優勝を逃したシーズンが2度もありました。 このような悔しい思いは2度としたくないというのが部員全員の気持ちです。その気持ちを普段の行動や練習から示し、18年ぶりの優勝を必ずチーム全員で掴みとります。 今年度も熱いご声援の程よろしくお願いします。

学生コーチチーフ: 市原 一樹 (いちはら かずき)

本年度学生コーチチーフを務めさせて頂きます市原一樹です。平素より立教大学野球部を応援して下さり誠にありがとうございます。
昨年度のシーズンは、「あと一勝」という所までいきながらも優勝を逃し、本当に悔しいシーズンとなりました。 今年は選手、学生コーチ、マネージャー全員が悔しさを糧にし、日本一を目指して頑張っていきます。 応援してくださる方々の期待に応えられるよう、覚悟を持って全力を尽くしていきますので、これからも温かいご声援をよろしくお願い致します。

投手コーチチーフ: 林 秀運 (はやし よしゆき)

2017年度投手コーチを務めさせて頂きます林秀運です。
昨季も皆様のご声援のおかげであと一歩で優勝というところまでいくことができました。しかし、優勝しなければ意味がありません。 それは今年度の選手、特に投手陣は強い想いを持ち新チームから練習に打ち込んでいます。また、今年度からバッテリーキャンプを復活させバッテリー力の向上を目指します。 主力が大幅に抜け投手力の戦力ダウンは避けられません。しかし、今年度の投手陣はその戦力ダウンを一人一人が持てる力を出しきることでカバーし、チームの勝利につなげることができると確信しています。 21世紀初の優勝を果たすのは今年度です!必ず天皇杯を手にします!本年度こそチームの一体感を大切に立教野球部の快進撃を神宮球場でお見せできると思います。 「今年こそ優勝!!!」という熱い想いを皆様とともに持ち野球部全員で戦い続けていきます。本年度も立教大学野球部への熱いご声援とご支援の程、よろしくお願い致します。

トレーニングコーチチーフ: 竹内 健太朗 (たけうち けんたろう)

今年度トレーニングコーチを務めさせていただきます竹内健太朗と申します。 主に1から4軍のアップやトレーニングを通し、プレーに通ずる身体の正しい使い方の指導に努めております。
昨年から学生コーチになり、以前よりチームに密に携わらせていただいた為、日頃よりOB・地域の方をはじめとした多数の方が弊部の活動に目を向けていただいていること、そしてそのことの有り難さを実感することができました。 近年3度も優勝に手をかけながらもその機会を逸している弊部が、本当の意味での意識改革をし勝ち点5を獲得する為に何ができるのかを日々考え、それを浸透させていきたい所存です。 本年度も変わらぬご支援ご声援の程、よろしくお願い致します。

育成コーチチーフ: 小口 理仁 (おぐち みちひと)

今年度選手育成コーチチーフを務めさせて頂きます小口理仁と申します。
多くの主力選手が抜けた現在、チームに必要とされるものは「チーム力」であるに違いありません。 私は常日頃から「チームを一つにする」ということを念頭に置き、選手一人ひとりとコミュニケーションを取りつつ時には前に立ちチームをまとめ、 時には陰からチームを支えチーム全体が同じ方向を向き、突き進んで行く事のできるよう全力で職務を全うしたいと思っております。 必ず全員野球を完成させリーグ戦優勝を果たし、日々応援してくださっております皆様と共に優勝の感動を分かち合えたらと思っております。 今年度も変わらぬご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

ページトップへ

Facebook

   


Twitter