HOME > 試合予定・結果

試合予定・結果

最近の試合

過去の試合

秋季新人戦 vs.慶應義塾大学

2010年11月5日 12時30分 神宮球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
立教大学 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
慶應義塾大学 2 3 2 0 0 0 0 1 X 8

戦評

1-8(立教 準優勝)

立大の先発投手平原(1年)は、先頭打者に右越二塁打を放たれ、更に次打者の試みた犠打が三前内野安打となり、いきなり無死一、三塁のピンチに陥る。何とか踏ん張りたい場面だったが、犠飛と適時打により、2点を失う。
2回にも、安打と死球で出塁させた走者を犠打で進められ、一死二、三塁とされる。又してもここで適時打による1点を奪われ、平原は降板。代わった高田(2年)も、後続を抑えることが出来ず、2本の長打を放たれ、この回合計3失点。0‐5と突き放される。
3回から代わった紺谷(2年)も先頭打者を振り逃げで出塁させてしまうと、暴投と盗塁で走者を三塁に置く苦しい状況に。何とか抑えたい場面だったが、左翼手の頭上を越える適時二塁打を放たれてしまう。更に、次打者の意表を突くバントで守備が乱れ、その間に1点を追加されてしまう。3回までに7点を奪われるという一方的な展開に。
追い上げたい立大打線だったが、相手投手の前に6回まで毎回三者凡退を喫し、手も足も出ない。7回は、先頭打者の大塚拓(1年)の内野安打と相手の送球ミスにより、走者を二塁に置くが、後続が倒れ得点に繋げられない。
迎えた最終回、先頭の代打宮村(2年)が遊前安打で出塁すると、一番大塚拓が左前安打を放ち、一死一、二塁の好機を作る。一矢報いたい立大打線は代打に平本(1年)を送る。平本の打球は併殺打になるかと思われたが、二塁手の悪送球により二塁走者が生還。ついに1点を返す。しかし最後は三振に切って取られ、1‐7で試合終了。新人戦春秋連覇は叶わなかった。



(写真左・大塚拓/写真右・宮村)
--------------------------------------------------------------------------------
[勝]金子 1勝
[負]平原 1敗

打撃成績

選手名打数安打打点三振四死球
1 [左] 大塚 4 2 0 0 0
2 [遊] 2 0 0 1 0
福井 1 0 0 0 0
平本 1 0 0 0 0
3 [一] 田中(裕) 4 0 0 1 0
4 [三] 細木 3 0 0 1 0
5 [中] 中川(将) 1 0 0 0 0
江藤(誠) 1 0 0 0 0
井上(基) 1 0 0 0 0
牧野 0 0 0 0 0
6 [捕] 山田 3 0 0 0 0
7 [二] 舟川 3 0 0 1 0
8 [投] 平原 0 0 0 0 0
高田 0 0 0 0 0
紺谷 0 0 0 0 0
佐藤(勇) 0 0 0 0 0
高須賀 1 0 0 0 0
矢部 0 0 0 0 0
宮村(遼) 1 1 0 0 0
9 [右] 中 大石 2 0 0 0 0
小平 1 0 0 1 0
合計 29 3 0 5 0
本塁打
三塁打
二塁打
犠打
盗塁
失策福井2, 田中(裕)2, 細木

投手成績

選手名投球打者被安打奪三振与四死球自責点
平原 1回 1/3 35 11 6 0 3 4
高田 0回 2/3 8 3 2 0 0 1
紺谷 0回 1/3 18 4 2 2 0 2
佐藤(勇) 2回 2/3 42 13 1 4 2 0
矢部 3回 44 13 1 3 2 0
合計 8回 147 44 12 9 7 7
ページトップへ

Facebook

   


Twitter