HOME > 試合予定・結果

試合予定・結果

最近の試合

過去の試合

秋季新人戦 vs.早稲田大学

2010年11月4日 10時0分 神宮球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
早稲田大学 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
立教大学 2 0 0 0 0 1 0 0 0 1X 4

戦評

4-3(立教 決勝進出)

立大は初回、一番大塚拓(1年)が四球を選び、二番福井(2年)の犠打で一死二塁とすると、続く三番田中裕(2年)が右翼手の頭上を大きく越える2ラン本塁打を放ち、先制に成功。
一方、先発投手の長井(1年)は、3回まで相手打線を0点に押さえ込む。しかし4回、先頭打者を死球で出塁させてしまうと、犠打の処理ミスと3本の長短打でこの回、一挙3失点。2‐3と逆転されてしまう。
追い付きたい立大は、6回、二死から四番細木(1年)が中前安打で出塁、続く代打平本(1年)も冷静に四球を選び、後に繋ぐ。この好機で六番山田(2年)が、同点となる左前適時打を放ち、試合を振り出しに戻す。7回以降は両者無得点が続き、決着は延長戦へ。
延長戦は、タイブレーク制が導入されるため、攻撃は無死一、二塁から始まる。
9回を見事、三者連続三振に抑えた矢部(1年)は、10回表、先頭打者に右前安打を放たれ、無死満塁のピンチに陥るも、次打者を併殺打に抑え、二死とする。なおも続く、走者二、三塁の状況で、次打者に二塁手後方へ打球を上げられるも、二塁手舟川(1年)がダイビングキャッチ。味方の攻守に助けられ、この回無失点。
勢い付いた立大は10回裏、先頭の代打大村(1年)が試みた犠打が投前内野安打となり、無死満塁に。続く二番福井は三遊間の深いところに打球を放ち、相手遊撃手は本塁へ送球するも、三塁走者が先に還り、4‐3と勝ち越し、試合終了。
春に続いて、早稲田大学を破り、決勝戦へ進出。
立大史上初となる、新人戦春秋連覇に王手をかけた。



(写真左・田中裕/写真右・福井)
--------------------------------------------------------------------------------
[勝]矢部 1勝
[負]小山田 1敗

打撃成績

選手名打数安打打点三振四死球
1 [左] 大塚 2 1 0 0 1
井上(基) 1 0 0 0 0
大村 1 1 0 0 0
2 [遊] 福井 4 3 1 0 0
3 [一] 田中(裕) 4 2 2 0 0
4 [三] 細木 3 1 0 0 0
5 [中] 左 中川(将) 2 0 0 0 1
平本 0 0 0 0 1
高須賀 0 0 0 0 0
6 [捕] 山田 4 2 1 1 0
7 [二] 舟川 4 0 0 0 0
8 [投] 長井 1 0 0 1 0
佐藤(勇) 1 0 0 1 0
原田 1 0 0 0 0
矢部 1 0 0 1 0
9 [右] 中 大石 4 0 0 1 0
合計 33 10 4 5 3
本塁打田中(裕)1号
三塁打
二塁打
犠打福井, 細木
盗塁福井
失策長井

投手成績

選手名投球打者被安打奪三振与四死球自責点
長井 4回 1/3 89 20 5 4 2 3
佐藤(勇) 2回 2/3 52 12 2 2 2 0
矢部 3回 37 9 1 4 0 0
合計 10回 178 41 8 10 4 3
ページトップへ

Facebook

   


Twitter