HOME > 試合予定・結果

試合予定・結果

最近の試合

過去の試合

春季リーグ戦 vs.慶應義塾大学1回戦

2011年4月10日 10時0分 神宮球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
立教大学 0 0 4 0 0 0 0 0 0 4
慶應義塾大学 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

戦評

4-2(立教 1勝)

立大は3回表、先頭打者の八番平本(2年)が中前安打で出塁すると、九番小室(3年)が打球を上手く左前に落とし、無死一、二塁に。続く一番西藤(3年)の投前犠打で、得点圏に走者をためる。この好機でリーグ戦初出場にして初スタメンの二番平原(2年)が左前適時打を放ち、先制。続く三番松本(3年)、五番那賀(4年)、六番長谷川(4年)も適時打を放ち更に加点。4‐0とする。
立大の先発投手小室は、3回までを被安打1に抑え込み、追撃を許さない。4回は二死満塁とされるも、遊撃手松本の好守により、危機を脱する。しかし、6回に二者連続安打と与死球で、無死満塁のピンチに陥る。この場面で、左前適時打を放たれ二者が還り、4‐2に。なおも一死一、三塁の場面で打者の放った打球が小室の足に直撃。こぼれた打球はリーグ戦初出場となる我如古(1年)が冷静に処理をし、二死としたが小室は敢え無く降板。代わった岡部賢(3年)は次打者を捕邪飛に打ち取り、好救援を見せる。
追加点を奪いたい立大だったが、相手の細かい継投に5回以降、1安打に抑え込まれ、なかなか加点出来ない。
しかしその後は岡部賢が残りの回を危なげなく無失点に抑え込み、4‐2のまま試合終了。
対慶大戦、序盤に投手を打ち崩し先勝。開幕戦を白星で飾り好スタートを切った。


(写真左・小室/写真右・平原)
--------------------------------------------------------------------------------
[勝]小室 1勝
[負]竹内大 1敗


打撃成績

選手名打数安打打点三振四死球
1 [中] 西藤 2 0 0 0 1
2 [一] 平原 3 1 1 0 0
長橋 0 0 0 0 0
3 [遊] 松本 4 2 1 0 0
4 [二] 岡崎 3 1 0 1 1
5 [右] 那賀 4 1 1 1 0
6 [左] 長谷川 3 1 1 0 0
大林 1 0 0 1 0
大石 0 0 0 0 0
7 [三] 前田 3 0 0 1 0
我如古 1 0 0 1 0
8 [捕] 平本 4 2 0 2 0
9 [投] 小室(正) 1 1 0 0 0
岡部 2 0 0 1 0
合計 31 9 4 8 2
本塁打
三塁打
二塁打
犠打西藤, 平原, 小室(正)
盗塁
失策

投手成績

選手名投球打者被安打奪三振与四死球自責点
小室(正) ○ 5回 2/3 81 25 5 3 3 2
岡部 3回 1/3 47 11 1 4 1 0
合計 9回 128 36 6 7 4 2
ページトップへ

Facebook

   


Twitter