HOME > 部員名簿

部員名簿

2015年度 立教大学野球部 幹部紹介

主将: 鈴木 貴弘 (すずき たかひろ)

 2015年度主将を務めさせて頂きます鈴木貴弘です。
昨年度は、優勝に一番近いチームと言われながらも、プレッシャーを感じてあと1勝することができずに優勝を逃してしまい、1勝の重さを痛感致しました。
今年度は、昨年度の悔しさをバネに日々練習に励んで優勝できるよう頑張っていきます。チームの主将として、そしてチームの一員としてみんなの先頭に立てるような責任のある選手になりたいと思っています。プレー中でも普段の私生活でも尊敬されるような存在になっていきたいと思います。
これからチームが一つになり、優勝に向かって日々頑張っていきたいと思いますので今年度も皆様の熱い支援とご声援の程、宜しくお願いします。   

主務: 本田 智徳 (ほんだ とものり)

  2015年度主務を務めさせて頂きます本田智徳と申します。 平素より立教大学野球部にご声援を賜り、誠にありがとうございます。
我々は1909年のチーム発足から先輩方が築き上げた105年の歴史を重んじ、東京六大学野球リーグ戦の優勝を目指すだけでなく、学生野球のリーダーチームとなるべく活動しております。
マネージャーとして、この輝かしい伝統を更に良いものとして後世に引き継いでいけるよう、私自身、範となれるような生活をし、チーム全体の底上げをして参ります。 今年度も立教大学野球部を何卒宜しくお願い申し上げます。

副将: 大城 滉二 (おおしろ こうじ)

 今年度副将を務めさせて頂きます大城滉二です。
時間が経つのは早いもので、私が立教大学に入学してから3年が経ちました。この3年間、先輩方から色々なことを学び、そして先輩方の悔し涙も見てきました。来年こそは喜びの涙を流すことができるよう、その為にチームに何が必要か、どうやったら勝てるのかを一人ひとりが考えて全員で共有できるようなチーム作りをしたいと考えております。
もちろん、副将としてチームを引っ張っていき、リーグ戦で勝てるよう精進して参ります。昨年度の秋季リーグ戦は優勝が目前であっただけに、悔しい思いをしました。また、1勝の難しさ、厳しさを感じた年でもありました。しかし、この経験を今年度に活かすことができるよう、全員で頑張っていきたいと思います。
今後も立教大学野球部の応援を宜しくお願い致します。

副将: 寺田 陽光 (てらだ ようこう)

 2015年度副将を務めさせて頂きます寺田陽光です。 いつも立教大学野球部を応援して下さり、誠にありがとうございます。
昨年度から溝口監督の下、立教大学野球部はA(アンサー)K(駆け足)T(戦う気持ち)を掲げて1年間戦いました。そして、秋のシーズンでは、15年ぶりの優勝まであと1歩、あと1勝というところまで近づくことができました。
しかし、あと1勝が遠いと感じました。そのためにはAKTの他に何が必要なのか、何をすれば優勝を手にできるのか、これを日々チームで追い求めていきます。チーム一丸となって戦うため私は副将としてできることを全力で取り組んで参ります。
今年度も立教大学野球部への熱い応援を宜しくお願いいたします。

学生コーチ: 高尾 雅之 (たかお まさゆき)

 2015年度学生コーチを務めさせて頂きます高尾雅之です。
昨年度は優勝まであと一勝届かず、悔しい思いをしたシーズンでした。それと同時に、優勝がかかった試合に多くの方々が応援に駆けつけて下さり、弊部がいかに応援されているかを実感できたシーズンでもありました。
あと一勝の壁を破るためには、全部員がチームの中で自分の強みを活かし、一つにならなければならないと思います。周りの方々の期待に応えるために、チーム一丸となって優勝を達成しますので、今年度もご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

投手コーチ: 河村 怜 (かわむら さとし)

2015年度投手コーチを務めさせていただきます河村怜です。
昨年度は春4位、秋3位、あと一勝というところで優勝を逃し、悔しい結果となりました。 優勝への壁を乗り越えるにはさらなる成長が必要であると感じました。昨秋ベストナイン投手の澤田圭佑を中心とし、全投手陣のレベルアップに努め、六大学一、日本一の投手陣を作りたいと思います。
あと一勝というところで逃した優勝、この一勝への執念を強く持ち、今の自分たちに何が足りないのが、何をするべきかを選手・スタッフ一人一人が意識し、行動し、結果として残していきたいと思います。
昨年度の悔しさを忘れずに、優勝するために全力を尽くしたいと思います。今年度も立教大学野球部への変わらぬご声援の程宜しくお願いします。

トレーニングコーチ: 中濱 康貴 (なかはま やすたか)

 今年度トレーニングコーチを務めさせて頂きます中濱康貴です。 選手が最高のパフォーマンスで野球に打ち込めるよう、トレーニングやコンディショニングに努めていきたいと思います。
昨秋あと一勝のところまで引き寄せた優勝を逃した悔しさは忘れられません。また、昨秋最終週の明治戦、超満員のスタンドを見てここまで応援して下さる方がいることに胸が熱くなりました。
立教大学野球部を応援して下さる皆様とともに、優勝の瞬間を味わいたいと強く思っております。全ては優勝のために、日々精度の高い練習を行い、厳しい状況にも妥協せず毎日を積み重ねて行きます。
今年度も変わらぬ御支援、御声援の程、宜しく御願い致します。

新人監督: 小林 光 (こばやし あきら)

 今年度新人監督を務めさせて頂きます小林光です。主に2軍以下の選手を指導致します。
昨年度の秋のリーグ戦では、あと1勝で優勝というところで引き分けを挟み、2連敗を喫し優勝を逃しました。改めて一球の怖さを感じるとともに、新チームではこの経験を活かしていく義務があると思いました。
私個人と致しましては、ただ単に選手を指導するだけでなく、時には選手と同じ目線に立ち、共に選手と戦っていく気持ちを持って日々成長していきたいと思います。
今年度も立教大学野球部への変わらぬご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

ページトップへ

Facebook

 

Instagram

メールマガジン

立教大学野球部の今をお届け!

下記、フォームにご購読希望のメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。