HOME > 試合予定・結果

試合予定・結果

最近の試合

過去の試合

秋季リーグ戦 vs.慶應義塾大学2回戦

2018年10月14日 13時10分 神宮球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
慶應義塾大学 0 0 1 0 0 0 1 1 0 3
立教大学 0 1 0 2 0 0 1 0 X 4

戦評

4ー3(立教1勝1敗)

先制点を挙げたい立大は2回、一死から五番三井(2年)の右越ソロ本塁打で1点を先制する。
ところが3回、立大先発投手の中川(2年)は連打で一死一、三塁とされ、野選により1点を献上。1-1の同点に追いつかれてしまう。
追加点を挙げたい立大は4回、この回先頭打者の二番笠井(3年)が左前安打で出塁すると、続く三番飯迫(4年)がきっちりと犠打を決め、一死二塁の好機を演出する。ここで四番種田(4年)が右越2ラン本塁打を放ち、3-1と勝ち越しに成功する。
しかし7回、この回から中川に代わってマウンドに上がった江口(3年)が二死三塁の場面で適時打を許し、3-2とされる。
点差を広げたい立大は、この回先頭打者の五番三井が中前安打で出塁。続く六番敷名(2年)の犠打で一死二塁とすると、七番藤野(3年)が適時二塁打を放ち、三塁走者が生還。4-2とする。
追加点を許したくない立大だったが8回、この回からマウンドを託された手塚(3年)が無死一、三塁のピンチを招くと、後続の併殺打の間に1点を奪われ、4-3とされる。9回は、昨日先発を任された川端健(1年)が二日連続でマウンドに上がるも、2つの四球と内野安打でいきなり無死満塁のピンチを背負う。しかし、気迫のこもった投球で後続を中飛、右飛、三振に切って取り、4-3のまま試合終了。

対慶應義塾大学第二回戦、接戦の末立大が逃げ切り、勝ち点の行方を明日へと持ち越した。

(写真左・三井/写真右・種田)
-----------------------------------------------------------------------------------
[勝]中川3勝
[負]高橋亮1勝1敗

打撃成績

選手名打数安打打点三振四死球
1 [右] 左 小野(大) 4 0 0 1 0
2 [遊] 笠井 4 1 0 0 0
3 [一] 飯迫 3 1 0 1 0
走 右 荒井 0 0 0 0 0
4 [中] 種田 4 1 2 0 0
5 [左] 三井 4 2 1 1 0
吉田 0 0 0 0 0
6 [三] 敷名 2 1 0 1 0
7 [捕] 藤野 3 1 1 0 0
8 [二] 林田 2 1 0 1 1
井上 0 0 0 0 0
江藤 0 0 0 0 0
9 [投] 中川 2 0 0 1 0
江口 0 0 0 0 0
上村 1 0 0 1 0
手塚 0 0 0 0 0
川端 0 0 0 0 0
合計 29 8 4 7 1
本塁打種田2号,三井1号
三塁打
二塁打敷名, 藤野
犠打飯迫, 敷名
盗塁
失策笠井

投手成績

選手名投球打者被安打奪三振与四死球自責点
中川 6回 76 23 4 2 0 1
江口 1回 31 5 1 2 1 1
手塚 1回 15 4 2 1 0 1
川端 1回 25 6 1 1 2 0
合計 9回 147 38 8 6 3 3
ページトップへ

Facebook

   


Twitter

メールマガジン

立教大学野球部の今をお届け!

下記、フォームにご購読希望のメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。