HOME > 部員名簿

部員名簿

2020年度 立教大学野球部 幹部挨拶

主将: 宮 慎太朗 (みや しんたろう)

本年度、主将を務めます、宮慎太朗です。
昨年度の秋のシーズンは4位という非常に悔しい結果で終わってしまいました。昨年度のチームの良いところを受け継ぎ、もう一度しっかりとチーム作りをしていきます。今年のチームは自分達の良さである「チームワーク・明るさ」そして、「野球を楽しむ」という事を大事にし優勝に向かって一直線に進んでいけるように部員全員で頑張っていきます。
私は主将としてチームの事を一番に考え、プレー、そして日々の練習や生活、野球以外の部分でも今年のチームの先頭に立ち引っ張っていきます。「結果に臆する事なく、明るく熱いチームを作り上げる」という事を課題に頑張っていきます。 2020年度も熱い応援の程よろしくお願いいたします。

主務: 髙橋 嶺一 (たかはし れい)

今年度、主務を務めます、髙橋嶺一と申します。
まずはじめに、日頃より立教大学野球部の活動にご理解ご協力頂き、誠にありがとうございます。心より御礼申し上げます。
昨季は優勝することが出来ず、悔しさが残る一年となりました。 今年は主務として、その悔しさをエネルギーに、必ずチームのリーグ戦優勝に貢献します。そして、日頃から立教大学野球部にご声援を下さる先輩方、ファンの方々に良い報告ができるよう、精進してまいります。 また、マネージャー陣としては、東京六大学で一番と言っていただけるよう、日々の活動に努めていく所存でございます。
2020年度の立教大学野球部も、変わらぬご支援、ご声援の程、宜しくお願い致します。

副将: 冨永 魁 (とみなが かい)

本年度、副将を務めます、冨永魁と申します。
昨年度のリーグ戦では、私自身も結果を出すことが出来ず、チームも思うような結果を出すことができませんでした。 そのことを踏まえ、今年のチームは優勝という煌めく目標に向け、チーム全員が奮起するという意味を込めて"煌奮迅(こうふんじん)"をスローガンに掲げました。 その中で私はどんな時でも、立教らしく明るく元気にチーム全体を盛り上げていきたいと思っております。 そして、冬を越え、一皮も二皮も成長した立教大学野球部を聖地神宮球場で存分にお見せしたいと思っております。
また、私たちの学年が日本一を知る最後の代となりました。 もう一度あの栄冠を部員全員で勝ち取り、あの感動を分かち合うべく、普段の練習から精進して参りたいと思います。
本年度もご声援の程よろしくお願いいたします。

副将: 村山 直也 (むらやま なおや)

本年度副将を務めます、村山直也と申します。
昨年は優勝を掴み取る力のあるチームではありましたが、悔しい思いをしたチームでもあります。 しかし、学年を超えた結束力とワンプレーにかける執念が強いチームでした。 本年度は先輩方が築き上げたチームの良さを引き継ぎながら、自分たちのチームの色を出していきたいと考えています。
今年のスローガンは"煌奮迅"に決まりました。私たちは祭りのように選手一人一人、チーム全体が盛り上がり、1つの束になって戦うことを目標にリーグ戦優勝を目指します。 私自身としては、昨年度の藤野主将のような、チームの大黒柱になり、副将として優勝に導けるよう、チームを引っ張ってまいります。
来春のリーグ戦では、元気な立教野球、そして祭りの如く盛り上がる立教野球をお見せします。 最後になりますが、本年度もご声援の程、よろしくお願い致します。

学生コーチ: 小松田 卓宏 (こまつだ たかひろ)

本年度学生コーチを務めます、小松田卓宏と申します。
昨年、春秋4位と悔しい結果で終わりました。そんな中、秋に掴んだ微かな手答え。また、結果からも見えてきた圧倒的な力の差。それを部員全員が感じ、優勝という1つの煌めく目標のもと、日々練習を積み重ねています。 現在の立教大学野球部で優勝を経験してるのは、私たちの代だけであり、その厳しさもその喜びを伝えれるのも私たちしかいません。その自覚を持ち、幹部や4年生がチームを引っ張っていきます。 また、チームの方針、練習方法などを変革し、新たなチームカラーの立教野球で優勝できるよう、一意専心、精進してまります。 本年度もご支援、ご声援の程、よろしくお願いいたします。

ページトップへ

Facebook

   


Twitter

メールマガジン

立教大学野球部の今をお届け!

下記、フォームにご購読希望のメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。