HOME > 試合予定・結果

試合予定・結果

最近の試合

過去の試合

春季リーグ戦 vs.慶應義塾大学1回戦

2020年8月12日 11時1分 神宮球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
立教大学 1 0 0 1 0 0 0 2 0 4
慶應義塾大学 0 0 0 3 0 0 2 1 X 6

戦評

4ー6(立教1勝1敗)

立大は初回、一番宮慎(4年)が中前安打で出塁。暴投により三塁まで進塁すると、三番三井(4年)の内野ゴロの間に生還。1点を先制する。
リードを広げたい立大は4回、この回先頭の二番太田(3年)がレフトスタンドへソロ本塁打を放ち、2-0とする。しかしその裏、3回まで相手打線を無失点に抑えていた立大先発投手の中﨑(4年)は、二死から連打と味方の失策により、3点を献上。2-3と逆転を許してしまう。
追いつきたい立大だったが、相手投手の好投に阻まれ、なかなか追加点を挙げることができない。
迎えた7回、6回途中からマウンドに上がった栗尾(3年)が連打を浴び、ピンチを招くと、ここでマウンドを中川(4年)に託す。しかし、長打を浴び、さらに2点の追加点を許してしまう。
追いつきたい立大は8回、この回先頭の九番敷名(4年)が捕逸で出塁すると、一番宮慎、二番太田ともに四球を選び、無死満塁の好機を作る。ここで三番三井が犠飛を放ち、1点を追加。続く四番山田(2年)が右前安打を放つと、代打伊藤智(4年)の犠飛により、さらに1点を追加し、4-5と一点差に詰め寄る。なおも二死一、二塁と一打同点のチャンスだったが、後続が倒れ、更なる追加点を挙げることができない。その裏、追加点を許したくない立大だったが、死球や安打で1点を献上してしまう。
迎えた最終回も、追加点を挙げられず、4-6のまま試合終了。

対慶應義塾大学戦、相手投手の好投の前に、打線が振るわず、敗北を喫した。

(写真左・太田/写真右・戦況を見つめるベンチの様子)
-----------------------------------------------------------------------------------
[勝]木澤 1勝
[負]中﨑 1敗

打撃成績

選手名打数安打打点三振四死球
1 [遊] 宮(慎) 3 1 0 2 1
2 [中] 右 太田 3 1 1 1 1
3 [左] 三井 3 0 2 1 0
4 [二] 山田 4 1 0 2 0
5 [右] 柴田 2 1 0 0 1
荒井 0 0 0 0 0
金川 0 0 0 0 0
伊藤(智) 0 0 1 0 0
道原 0 0 0 0 0
6 [一] 4 1 0 2 0
7 [三] 冨永 3 0 0 2 0
中川 0 0 0 0 0
村山 1 0 0 0 0
8 [捕] 竹葉 2 0 0 2 0
小澤 1 0 0 1 0
片山 1 0 0 1 0
9 [投] 中﨑 1 0 0 1 0
吉岡 1 0 0 1 0
宮(海) 0 0 0 0 0
栗尾 0 0 0 0 0
敷名 2 0 0 2 0
合計 31 5 4 18 3
本塁打太田1号
三塁打
二塁打
犠打三井, 伊藤(智)
盗塁荒井
失策宮(慎)2

投手成績

選手名投球打者被安打奪三振与四死球自責点
中﨑 4回 86 20 5 3 2 0
宮(海) 1回 14 6 2 1 1 0
栗尾 1回 17 5 2 1 0 2
中川 2回 31 10 2 1 2 1
合計 8回 148 41 11 6 5 3
ページトップへ

Facebook

   


Twitter

メールマガジン

立教大学野球部の今をお届け!

下記、フォームにご購読希望のメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。