HOME > 試合予定・結果

試合予定・結果

最近の試合

過去の試合

春季リーグ戦 vs.東京大学2回戦

2009年5月24日 10時30分 神宮球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
立教大学 1 0 1 3 3 1 7 0 2 18
東京大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

戦評

18-0(立教 2勝)

立大は1回表、三番五十嵐(4年)の右中間越本塁打で1点を先制。3回表には投手自らが好機をつくると、またも五十嵐が右中間適時二塁打を放ち2‐0に。さらに4回表、連続四球による無死一、二塁から前田雄(3年)の右中間越適時三塁打などで3点を挙げ、相手を突き放す。
その後も着実に点を重ね9点差で迎えた7回表には、七番伊藤公(3年)や一番田中宗(3年)の適時打、押し出しの四死球などで4点を追加。なおも二死満塁という場面で途中出場の六番神谷(4年)が右中間を破る走者一掃の適時三塁打を放ち、この回一挙7点を挙げる。9回表には山田(1年)の左前適時打で18‐0とし、抜かりない攻撃で9回まで毎回の19安打と猛打を奮う。
投げては先発投手仁平(3年)が6安打8奪三振と好投。途中、伊藤公などの味方の好守備に助けられつつも、9回を一人で投げ抜き相手打線を完封。
投打が噛み合った立大は二連勝で対東大戦の勝ち点を挙げ、今季を締めくくった。


(写真左・伊藤公/写真右・仁平)
--------------------------------------------------------------------------------
[勝]仁平 1勝4敗
[負]平泉 3敗

打撃成績

選手名打数安打打点三振四死球
1 [] 0 0 0 0 0
2 [遊] 0 0 0 0 0
片山(玄) 1 1 0 0 0
3 [] 0 0 0 0 0
4 [] 0 0 0 0 0
5 [三] 岡崎 3 1 1 0 2
前田 1 1 0 0 0
6 [] 0 0 0 0 0
7 [] 0 0 0 0 0
8 [捕] 0 0 0 0 0
山田 1 1 2 0 0
9 [] 0 0 0 0 0
合計 6 4 3 0 2
本塁打
三塁打
二塁打
犠打
盗塁
失策

投手成績

選手名投球打者被安打奪三振与四死球自責点
合計 0回 0 0 0 0 0 0
ページトップへ

Facebook

   


Twitter