HOME > 試合予定・結果

試合予定・結果

最近の試合

過去の試合

春季リーグ戦 vs.法政大学1回戦

2017年4月15日 14時15分 神宮球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
法政大学 0 3 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 6
立教大学 2 1 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 6

戦評

6-6(立教 1分)

立大は初回、一番寺山(3年)の内野安打と犠打で一死二塁の好機を作ると、三番松崎(3年)が右中間適時二塁打を放ち2-0と先制に成功する。
ところが2回、立大先発投手の田中誠(2年)は安打や本塁打を放たれ、1-3と逆転されてしまう。
2点を追う立大はその裏、一番寺山(3年)が内野安打を放ち一死一、二塁と好機を作ると、この日好調の三番松崎の右前適時打で同点に追いつく。
すると4回、またもや連打を浴び再び勝ち越されてしまう。
しかしその裏、二死二塁の場面で四番笠松(4年)の適時打で同点に追いつき、試合を振り出しに戻す。
これ以上得点を許したくない立大だったが、6回から代わった宮崎(2年)が2点を献上し、4-6と突き放されてしまう。
反撃したい立大は9回裏、先頭打者の五番笠松が右中間を破る二塁打で出塁すると、相手投手の暴投で一死三塁と好機を作る。後続の内野ゴロの間に三塁走者が還り、5-6に。更に七番山根(4年)が土壇場でソロ本塁打を放ち、再び同点とし、延長戦へ突入。
立大は守りから流れを作るべく、9回から中川(1年)にマウンドを託す。中川は神宮初登板ながら、新人とは思えないマウンド度胸で4回を無失点に抑える。
反撃を試みる立大だったが、12回の攻撃は三者凡退に終わり、連盟規定により6-6で試合終了。
対法政大学第一回戦、粘り強い攻撃で引き分けに持ち込み、勝利への望みを繋いだ。

(写真左・山根/写真右・松﨑)
-----------------------------------------------------------------------------------

打撃成績

選手名打数安打打点三振四死球
1 [中] 寺山 5 2 0 2 1
2 [遊] 熊谷 4 0 0 2 0
3 [右] 松﨑 6 3 2 0 0
走 右 小野 0 0 0 0 0
4 [三] 笠松 5 3 1 1 1
5 [一] 飯迫 6 1 1 1 0
6 [二] 峯本 4 0 0 1 0
大東 1 0 1 0 0
笠井 1 0 0 1 0
7 [左] 山根 6 3 1 1 0
8 [捕] 藤野 5 2 0 2 0
石垣 1 0 0 0 0
9 [投] 田中(誠) 2 1 0 1 0
田中(健) 1 0 0 0 0
宮崎 0 0 0 0 0
中村 0 0 0 0 0
井上 0 0 0 0 1
中川 2 0 0 1 0
合計 49 15 6 13 3
本塁打山根1号
三塁打
二塁打松﨑, 笠松
犠打熊谷2
盗塁小野
失策熊谷

投手成績

選手名投球打者被安打奪三振与四死球自責点
田中(誠) 5回 87 21 5 1 1 4
宮崎 1回 2/3 33 10 4 1 0 1
中村 1回 1/3 20 5 1 2 0 0
中川 4回 46 15 3 1 1 0
合計 12回 186 51 13 5 2 5
ページトップへ

Facebook

   


Twitter