HOME > スケジュール

スケジュール

ユニフォーム祝福・推戴式

開催日時:2020年9月11日~2020年9月11日

レポート (2020年9月11日公開)

本日、新座キャンパス内チャペルにて、ユニフォーム祝福・推戴式が行われました。
 
 

 

       【斎藤チャプレン】                   【斎藤チャプレンのお話を聞く選手の様子】

  

 
まず始めに、斎藤チャプレンから「今回は、人数が制限されている中での推戴式となりました。チームが一丸となってリーグ戦に臨もうとするこの時にもチーム全員が揃うことが叶わない、これはとても残念なことです。しかしこの時だからこそ、立教大学野球部全員がつながっている、目標に向かって一つになっている、という目に見えないものを大切にしてほしいと思います。実り豊かな秋季リーグ戦になるよう皆さんの活躍を心から応援しております。」と激励のお言葉をいただきました。
 

 

 

【選手の様子】                       【ユニフォーム祝福の様子】

 

続いて、前田一男部長によるユニフォームの推戴が行われました。

溝口智成監督、蒲谷良充助監督に続いて、リーグ戦メンバー一人ひとりにユニフォームが推戴されました。

 

 

【ユニフォームを推戴される溝口監督】     【ユニフォームを推戴される宮慎主将】

 

続いて、前田部長は「秋季リーグ戦を迎えるにあたり、春季リーグ戦では行うことができなかったユニフォーム祝福・推戴式を行うことができ大変嬉しく思います。真夏の春季リーグ戦の開催は、少ない試合数でも大変意味のあるものでした。選手たちの春季リーグ戦の振り返りの中で、中川颯(4年・投手・桐光学園)が後輩に伝えた『メンタル9割』という言葉が印象に残っています。苦しい時、困った時、上手くいかない時、その事態に対する立ち向かい方を指しているのではないでしょうか。秋のリーグ戦も世の中の状況は変わらない中で、現状を覆すほどの「煌奮迅」が求められるシーズンだと思います。2020年度のリーグ戦は「メンタル9割」の精神を持ち、歴史的に語り継がれていくシーズン、私自身部長を務める最後のシーズン、全員で心を一つにし『煌奮迅』で、優勝という有終の美を目指し、そして4年生と共に卒業したいと思います。」と述べました。

 

 

      【訓示を述べる前田部長】   

  

新型コロナウイルスの影響で、例年とは異なり、推戴される選手のみの参加となりましたが、春行うことができなかったリーグ戦前の伝統行事を行うことができ、参加した部員一同身が引き締まる思いでした。
 
9月19日(土)に秋季リーグ戦が開幕し、弊部は26日(土)に初戦の対明治大学戦を迎えます。
今年度のスローガンである「煌奮迅」を胸に、全員で優勝を目指してまいります!
今季もご声援の程、よろしくお願いいたします。

活動レポート一覧へ
ページトップへ

Facebook

   


Twitter

メールマガジン

立教大学野球部の今をお届け!

下記、フォームにご購読希望のメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。