HOME > スケジュール

スケジュール

立教大学子供会 野球観戦ツアー

開催日時:2018年10月7日~2018年10月7日

10月7日(日)の対法政大学第二回戦で、立教大学子供会の観戦ツアーが行われました。

レポート (2018年10月8日公開)

立教大学子供会は、子どもたちに勉強を教える活動として1961年に設立された、立教大学公認団体です。大学1年から3年のサークル員が主体となり、幼稚園年中から小学校6年生の子供たちを対象に、様々な企画を通じて交流を深める活動を行っています。そのイベントの一つとして昨年から、東京六大学野球観戦ツアーが行われています。そして、今年も10月7日(日)に行われた対法政大学第二回戦に、立教大学子供会の学生スタッフと子どもたちの計14名が応援に来てくださいました。

 -----------------------------------------

 

弊部からは、赤嶺(2年・投手・那覇西)小西(2年・内野手・駒澤大高)、中塚(2年・内野手・立教新座)廣田龍(2年・外野手・帝京渡邉康(2年・内野手・立教池袋)の5名が参加いたしました。

 

まず初めに、神宮球場近くの絵画館前広場に集合し、部員たちが自己紹介を行いました。個性豊かな自己紹介で、子どもたちと学生スタッフからは笑みがこぼれました。

そして、応援に来てくれた記念として、部員たちから子どもたちへ試合に出場する選手のサイン入りボールをプレゼントしました。子どもたちは普段なかなかもらうことのできないサインボールを手にし、嬉しそうに握りしめていました。

 

 

【自己紹介をする選手たち】               【サインボールを渡す選手たち】

 

 

その後、集合場所を後にし、全員で神宮球場へ移動しました。途中の道のりでは、子どもたちと部員は「試合観るの楽しみ!」、「早く観たいね」など話しながら、交流を楽しんでいました。球場に到着すると、正面入口にて集合写真撮影を行いました。その後、子どもたちは部員たちと仲良く話しながら応援席へと入場しました。

 

 

【球場へ向かう選手と子どもたち           【集合写真(神宮球場正面入り口にて)】

 

 

いよいよ試合が始まると、白熱した試合展開に応援席は盛り上がりを見せ、子どもたちも一生懸命応援してくれました。また、得点時には、全員で肩を組みながら第一応援歌「行け立教健児」を大きな声で歌いました。部員たちも、子どもたちに気を配りながら、一緒に応援を楽しんでいました。

 

 

【得点時に肩を組み第一応援歌を歌う様子】     【応援席での様子】 

       

 

 

残念ながら試合は負けてしまいましたが、最後まで諦めずに応援してくださった皆さんの声援は、グラウンドの選手たちに届いたと思います。また、参加してくださった皆さんにとって、この観戦ツアーが素敵な思い出として心の中に残ってくれたら幸いです。試合後、子どもたちや学生スタッフの皆さんから「楽しかった!」「野球がんばってください」という感想をいただきました。部員たちにとっても子どもたちと一緒に観戦できたことは貴重な経験となりました。

 


 立教大学子供会の皆さん、応援ありがとうございました!


活動レポート一覧へ
ページトップへ

Facebook

   


Twitter

メールマガジン

立教大学野球部の今をお届け!

下記、フォームにご購読希望のメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。