HOME > スケジュール

スケジュール

秋季リーグ戦激励会

開催日時:2017年9月1日~2017年9月1日

9月1日(金)、赤坂四川飯店にて秋季リーグ戦激励会が行われました。

レポート (2017年9月3日公開)

9月1日(金)に秋季リーグ戦激励会が行われ、今回も多くのOB・OGの諸先輩方がかけつけて下さいました。弊部の現役からは68名の選手が参加いたしました。

 

はじめに、OB会長の横山忠夫氏(S47卒)よりお話をいただきました。横山氏は「春は"戮力同心"というスローガンの下、部員全員で優勝を掴み取ることができた。秋季リーグ戦で、他大学は今までより立教を意識するようになると思う。連覇を達成するためにも、さらに戮力同心を意識してチームが一致団結し、力をつけていってほしい。」と述べられました。

 

 

   

【選手を激励してくださる横山忠夫会長】       【挨拶をする前田一男部長】

 

次に前田部長からのご挨拶がありました。前田部長は、参加者の皆さまへ、春の優勝にあたって、OB・OG会から多大なるご支援をいただいたことへの感謝の気持ちを伝えられました。

 

   

【今季の抱負を述べる溝口智成監督】       【乾杯の音頭をとる丸山完二氏(S37卒)】

 

続いて、溝口監督が「春季リーグ戦、そして夏季キャンプを終えて、一人ひとりがチーム全体の技術向上を意識することによって、チームのレベルアップができたと思う。また、一人ひとりの意識が秋季リーグ戦では重要になってくところだと思う。厳しい戦いにはなると思うが、連覇を目指し、選手と一丸となって戦っていきたいと思う。」と、秋季リーグ戦への抱負を述べました。

会の中盤には現役部員が壇上へ上がり、ポジションごとに自己紹介を行いました。

 

   

【自己紹介をする選手の様子】           【意気込みを語る熊谷敬宥主将(4年)】

 

自己紹介の最後には、主将の熊谷敬宥(4年)が挨拶をしました。熊谷は「春季リーグ戦と秋季リーグ戦は、まったく別の戦いになると思う。秋は他大学に追われる立場になり、一戦一戦がとても大事になる。負けてもその次の試合に向けた切り替えをすることがいい結果につながると思う。神宮球場を再び立教カラーに染められるよう頑張っていきたい。」と秋季リーグ戦への意気込みを語りました。

 

   

締めの挨拶をする菅原勇一郎氏(H4)】     校歌斉唱の指揮を執る川合団長】

 

また、OB会を代表して、菅原勇一郎(H4卒)から激励のお言葉をいただきました。菅原氏は「連覇は非常に難しいことであると思う。しかし、もう一度優勝してもらいたい。連覇を目指して頑張ってください。」と現役を激励してくださいました。

最後に、応援団川合団長の指揮の下、全員で校歌を斉唱し、激励会はお開きとなりました。

 

秋季リーグ戦開幕まで、残り7日となりました。「戮力同心」というスローガンの下、連覇へ向け、部員一同練習に励んでまいります。応援の程、よろしくお願いいたします。

活動レポート一覧へ
ページトップへ

Facebook

   


Twitter