HOME > スケジュール

スケジュール

少年少女野球教室

開催日時:2022年8月24日~2022年8月24日

8月24日(水)に、明治神宮野球場にて東京六大学野球連盟主催の少年少女野球教室が開催されました。

レポート (2022年8月24日公開)

8月24日(水)に明治神宮野球場にて、今年で10回目の開催となる少年少女野球教室が行われました。

東京都軟式野球連盟所属の17チームから約250名の子どもたちが参加してくれました。

 

弊部からは溝口監督主将・山田(4年・内野手・大阪桐蔭)副将・黒岩(4年・捕手・静岡)副将・佐藤(4年・内野手・福岡大大濠)荘司(4年・投手・新潟明訓)道原(4年・外野手・駒大苫小牧)山添(4年・学生コーチチーフ・広島新庄)が参加いたしました。

 

まずはグループごとに分かれ、ウォーミングアップとキャッチボールを開始しました。

 

  

【ウォーミングアップの様子】 【列の先頭を走る黒岩と山田】

 

最初のランニングでは、選手たちは子どもたちと一緒に元気よくグラウンドを走っていました。また、ウォーミングアップでは子どもたちの元気な声が飛び交っており、選手と子どもが仲睦まじく会話している様子も伺えました。

 

  

【ウォーミングアップをする佐藤】 【コミュニケーションを取る道原】

 

ウォーミングアップの後は、各大学の代表者によるロングティーデモンストレーションが行われました。

弊部からは山田が参加いたしました。

 

大学生のスイングスピードの速さと力強さを兼ね揃えたバッティングに、子どもたちは興味津々でした。

また、打球がスタンドに入ると、子供たちは目を輝かせながら歓声をあげ、場内は大盛り上がりでした。

 

  

【ロングティーを披露する山田】 【笑顔で挨拶する山田】

 

ロングティーデモンストレーションの後は、ポジションごとに分かれ、守備や打撃の練習を行いました。

佐藤と山添がノックをし、山田は守備についてアドバイスを送っていました。子どもたちはノックを一球一球熱心に受けており、その表情は集中しつつも、笑顔に溢れていました。

 

  

【ノックをする山添】 【ボールを捕る佐藤】

 

また、投球練習では荘司と黒岩が子どもたちのピッチングとキャッチングを見守り、時折声をかけ指導を行っていました。

 

  

【投球練習を指導する荘司】 【捕球技術を教える黒岩】

 

最後は、走塁練習を行いました。

走塁練習では、山添が中心となり、野手たちがランナー一塁から盗塁を成功させるコツを子どもたちに伝授していました。

 

  

【牽制対策の指導をする山添】 【走塁技術を教える佐藤】

 

走塁練習後は、閉会式を行いました。

閉会式の後は記念撮影を行い、子どもたちはそれぞれ今日指導してくれた選手や、憧れの選手にサインを求めていました。

 

 

【チーム集合写真】 【サインをする山田】

 

新型コロナウイルスの影響により近年は野球教室の開催ができませんでしたが、こうして3年ぶりに野球教室が開催されたことをとても嬉しく思います。

今回の野球教室を通じて、一人でも多くの子どもたちが野球をもっと好きになり、「将来は東京六大学で野球をしたい!」という目標を持ってくれたら嬉しいです。

部員一同、これからも子どもたちの憧れの存在であり続けられるよう、日々練習に励んでまいります。

 

今回の野球教室が、今後の野球界の発展に繋がれば幸いです。

参加してくださった皆さま、誠にありがとうございました。

 

【全体集合写真】

活動レポート一覧へ
ページトップへ

Facebook

 

Instagram

メールマガジン

立教大学野球部の今をお届け!

下記、フォームにご購読希望のメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。